FROM  ゲイブハラミロプロジェクト責任者より

新旧のボレー。

「今も昔も変わっていない」と思われる
ボレーの技術も実は「大きく変わってきている」とゲイブハラミロは言います。

昔なら、アプローチを打って、サービスラインくらいで1stボレー、状況を見て
ロブをケアしながら、2ndボレーに移行する。

というスタイルでした。

きっとこの手紙を読んでいるあなたも
そういう教えられ方をしているでしょう。

しかしこの方程式は通じなくなっているのです。
現代は、こうです。

アプローチを打って、サービスラインくらいで1stボレー、状況を見て
ロブをケアしながら、2ndボレーに移行する・・

その1stボレーの途中で、

強烈なパッシングを食らって、不利な状況になることが増えてきたのです。

あなたも身に覚えがありませんか?

有利なはずのボレーが、少しでも浅くなれば
ストロークに打ちこまれてしまう場面を・・

「ボレーが浅くなりすぎた・・」

と言いながら、何度も素振りを行いながらも
結局、また同じようなボレーで、ストロークにカウンターを食らう。

その結果

「もうネットに詰めるのはやめよう…」

「後ろでストロークするほうがいい。」

という結論になる、そんな思いをしたことありませんか?
特に多くの初中級~中級者の方が、このような悩みを抱いています。

それもそのはずです。

初級級から、中級・上級へのステップアップの鍵は
「ネットプレイ」なのですから。

もしあなたが

「足を踏み込む」

「ラケットは振り過ぎてはいけない」

「横を向いてターンしないと」

というような「ネットプレイ」に関して
に悩んでいるのであれば、ゲイブ・ハラミロの矯正術をお試ししてはいかがでしょうか?

例えば

「バックスイングを小さくする」

「ボレーをコンパクトにする」

という「目的」も、いつもと手法が違えば
いつもと違った結果が得られる可能性は高くなります。

いつもと同じ方法、同じアドバイス、同じ意識だと
今までと同じスイングの繰り返しです。

もちろん継続することも大切ですが、
時には「視点を変える」ということも必要です。

ゲイブ・ハラミロなら、どんな風に矯正するのでしょうか?

「ボレーのスイングが大きすぎる」

と悩む12歳の世界のトップジュニアへ
ゲイブ・ハラミロが行った矯正術をご覧下さい。

v-shouhinngazou