FROM

株式会社リアルスタイル ゲイブ・ハラミロプロジェクト担当者より

安定しないトスの悩み。

毎回違うトスは、毎回違う打点で打たされているようなもの。

唯一、自分の打点で、自分の好きなテンポで
打てるのがサービス。

しかしそのトスが乱れる。

結果、乱れたトスにスイングが合わせられず
ダブルフォルト…

「肘を使いすぎなのか…」
「手首をふにゃふにゃしてるからか…」

それとも

「指を使い過ぎなのか…」
「握り方が悪いのか…」
「ボールを放す位置が悪いのか…」

トスに関する悩みは尽きません。

トスが乱れると「上げなおし」も多くなり
サーブを打つまでに時間がかかったり

トスに神経を使うあまり、スイングと同調しにくくなって
打ちたい球種を打ちたいところに打てないばかりか、フォルトも増えます。
リズムが悪く、自らのペースを崩すばかりか、ぺアの集中も削ぎます。

そんなトスの悩み。

その悩みは、きっとこの「Making champions」4&5ゲイブ・ハラミロ
最終シリーズで終わりだと思います。

いくら握り方を変えても…
腕の振り方を変えても…
腕を固定させても…

小手先のことではそう簡単には治りません。

もちろん「ひざ」を使ってあげる
という初心者のようなサービスでは改善できないでしょう。

トスが乱れる人。
ダブルフォルトをする人。

の共通点は

下半身と上半身のリズムが「バラバラ」だからこそ
「サービスのモーションとトスが合わない」という現象が起きる。

それがトスが乱れ、ダブルスフォルトを誘発する人の癖だと
ゲイブ・ハラミロは指摘します。

1stサービスが乱れ出したら、止まらない。

2ndサービスが崩れ出したら、止まらない。

そんなあなたへ。

もうその悩みは終わりにしたい、と強く願うのであれば
こちらの動画をご覧下さい。

 

dvd_setGABE3900A

dvd-info-tel